人生がバラ色に変わる!美を追求したダイエット法

皆さんの中には、体重を気にしていらっしゃる方もいれば、太ももが太い、ウエストまわりのお肉が気になる、といったからだのプロポーションを気にしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?私自身もそのうちの1人でした。太りすぎていたわけではないのですが、もう少し体重を減らしたい、また太ももの太さやウエストまわりのお肉も気になっており、ワンサイズ小さいスカートやパンツが入ればいいなと思っていました。そんな悩みを美意識の高い知り合いの方に相談したところ、これらすべての悩みを解決することが出来るある方法を教えて頂きました。その方法とは「補正下着を着用すること」でした。
私はその知り合いの方に勧められ、補正下着を購入することに決めました。その補正下着のお店では、下着を購入するだけでお店に通い放題で、自分専属のボディスタイリストの方がつき、毎回その方がからだのサイズを採寸してくれ、正しく補正下着を着用できているかどうか、太もものお肉やウエストまわりのお肉たちを胸の位置へとマッサージをしながら運んでくれるといったサービスをしてくれました。皆さんは、二の腕や背中に流れたお肉たちもバストの一部だということをご存知でしょうか?私はこの事実を知った時、とても衝撃を受けました。市販の下着は、ワイヤーが自分の胸の形に合っていなかったり、ワイヤーが曲がりやすかったりすることが原因で、しっかりとバストのお肉を支えられていないことが多いようです。私の場合もそうでした。そうすることで、バストのお肉たちが二の腕や背中などに流れてしまって、余計に太って見えていたのです。ですので、補正下着を着用することは、からだ全体に流れてしまったお肉たちを正しい位置へと戻すことで、からだ全体のバランスが良くなり、からだのプロポーションも良くなるといった効果があります。また、補正下着は気が向いた時にただ着用しているだけでは効果はありません。ポイントは、毎日着用すること、正しく着用することです。着用の仕方が間違っていると、お肉を正しい位置へと戻すことは出来ませんし、毎日着用しなければ、またお肉がからだ全体に流れていってしまいます。このポイントをおさえた上で、からだの変化を楽しみながら、毎日コツコツと努力を重ねていくことが大切です!私はこのお店に定期的に通い、正しく補正下着を着用することで、自分自身の正しいからだのサイズを知ることが出来ました。そうすることで、自分のからだの現状を受け止め、太ももを細くするためにこのガードルを週に3回はこう、ウエストまわりのお肉をとるために、このウエストニッパーを週に4回つけよう、などと専属のボディスタイリストの方と計画を立て、楽しみながらからだの変化を楽しみました。もちろんからだのサイズだけではなく、毎日体重計にのって体重管理も欠かさずに行い、体重を減らすことにも意識を向けていました。食べ過ぎた日の翌日は少し食べる量を減らしてみたり、甘いものなどのお菓子や間食を控えてみたり、晩ご飯は炭水化物の量を少しだけ減らしてみたりして、大きな負荷をかけずに食べ物制限は少し気を使う程度で行なっていました。極端にするのではなく、少し量を控えて気を使うだけでも毎日の体重に変化は出てきました。毎日補正下着を着用していると、少し食べ過ぎただけで下着がキツく感じたりしていたので、それも一つの目安材料でした。補正下着は基本的にはゆったりはしていませんので、そういった少しのからだの変化にも敏感に感じ取ることが出来ました。少しでも下着がキツく感じると、これはまずい!と自分でも自然に色々と制限していくことが出来ました。
毎回お店に通うたびに、からだを採寸してサイズダウンしていると、とても嬉しいですし、達成感がありました。そのように補正下着を着用しながら、毎回楽しく美を追求しながらからだのサイズを知る機会を作っていく中で、美意識も高くなっていき、自然に体重も落ちていきました。そうすると、美意識が高くなるにつれて、オシャレをすることもだんだん楽しくなっていきました。私はその結果、体重は約5kg減少し、LサイズからMサイズにサイズダウンしました。そして、太もももウエストも細くなり、からだ全体のバランスが良くなりました!以前はパンツをはくと太ももの太さが強調されるので、パンツをはきたくても諦めていましたが、今ではパンツもかっこ良くはけるようになり、色々なお洋服にも挑戦することが出来ています。これは、女性として生まれてきたからにはぜひとも挑戦して頂きたい方法です。知らないままでいると、人生損すると思います!一度補正下着を着用してみて、からだの変化を実感してみてください!諦めていたのが嘘のように、前向きで楽しいバラ色人生に変わると思います!ぜひ皆さんも補正下着を着用して、美しいからだを手に入れてみてください!

「糖質オフダイエット」痩せる仕組みと成功の秘訣とは?